WordPressをローカル環境に構築できるLocal(by FlyWheel)の設定方法

WordPressの作り方

WordPressでサイトを作成するとき、公開しているサイトで直接テーマなど編集することもできます。しかし、編集途中でエラーが出るとサイト表示されなくなりますし、テーマの編集をすると表示が崩れるリスクがあります。

そこで、WordPressを自分のパソコン(ローカル環境)に構築してテストできるとリスクを減らせますすが、ローカル環境を構築できるアプリはいくつかあります。

そのアプリの中で Local ( by Flywhee ) は、簡単にローカル環境を構築することができるアプリケーションです。

ここから、WindowsでLocal( by Flywheel )のダウンロードからインストールまで説明していきます。

Local(by Flywheel)のダウンロード

WordPressのローカル環境を構築するためにアプリをダウンロードします。

Local ( by Flywheel ) サイトを開き、「DOWNLOAD」をクリックします。(または、「OR DOWNLOAD FOR FREE」をクリック)

「Download Local」ウィンドウが表示されたら、「Please choose your platform」をクリックして、自分の使用しているパソコンのOS(ここではWindow)を選択します。

Windowsを選択すると、名前などの入力欄が表示されるので、「Work Email」欄にメールアドレスを入力し「GET IT NOW!」をクリックします。※他は入力しなくても進めます。

「GET IT NOW!」で、問題なく進めたら「Your download is starting!」と表示され Local のダウンロードが始まります。

Local(by Flywheel)のインストール

ダウンロードが完了したら、下のように表示されたアプリケーションをダブルクリックするとLocalのインストーラーが起動します。

「インストールオプションの選択」では、自分しか使用しないので、「現在のユーザーのみにインストールする」にチェックがあるのを確認して「次へ(N)」をクリックします。

「インストール先を選んでください。」では、インストールするフォルダを設定できます。変更しないなら「インストール」をクリックします。

「Local セットアップ ウィザードは完了しました。」と表示されたらインストール完了です。

このままLocalを起動させるには、「Localを実行(R)」にチェックを入れたまま「完了」ボタンをクリックします。※デスクトップにLocalのショートカットが表示されるので、そこから起動できます。

Local を起動すると利用規約が表示されるので、「I have read and agree to LOCAL’S TERMS OF SERVICE」にチェックを入れて「I AGREE」をクリックします。

次にエラー報告の「Error Reporting」ウィンドウ表示が表示されます。ここは、「いいえ」をクリックします。※エラーを報告をするなら「Turn on Error Reporting」をクリック。

「Live Links Pro」を紹介するページが表示されるので、右上の「×」をクリックして閉じます。

セットアップ1:WordPressのドメインとフォルダを設定する

新しく自分のパソコン(ローカル)にWordPressサイトを作成するには、「+ CREATE A NEW SITE 」(または左下(+))をクリックします。

「Whart’s your site’s name?」では、サイト名アルファベット(英数字)で入力します。そのあと「CONTINUE」をクリックします。「ADVANCED OPTIONS」を開くとドメインとパスの確認と設定できます。

次に「セットアップ2:WordPressの使用環境を設定する」に進みます。

ローカルサイト名を日本語にするとき

日本語での入力もできますが、あとで問題が発生する可能性があるのでおすすめしません。一応、日本語で入力する場合の方法を書いておきます。

もし、「Invalid Domain」エラー表示された場合、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じ、「Local site domain」を設定しなおします。

.local is not a valid local domain.  Please choose different domain

「Local site domain」には、任意の文字をアルファベットで入力します。

また、「Invalid Path」エラー表示された場合、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じ「Local site path」を設定します。

Whoops! You can't make the site path the same as the default site path.

「Local site path」では、WordPressサイトを作成するフォルダを設定します。「BROWSE」をクリックしてフォルダを変更できます。

ここでは、新規にフォルダを作成し設定しました。

設定を終えたら「COTINUE」をクリックします。

セットアップ2:WordPressの使用環境を設定する

次に、PHP、データベース、サーバーで使用するバージョンなどを設定します。

そのままで良いなら、「Preferred」が選択された状態で「CONTINUE」をクリックします。

また、「Custom」を選択すると、PHP、Web Server、Databaseを選ぶことができます。

ログイン名、パスワード、メールアドレスを設定して「ADD SITE」をクリックします。

  • WordPress Username:ログイン名
  • WordPress Password:パスワード
  • WordPress Email:メールアドレス

メールアドレスはデフォルトで入力されていますが、そのままでもいいです。あとで変更可能です。

インストールが終わるまで少し時間がかかります。(Customで使用するPHPなどのバージョン変更したときは、ダウンロードする時間もかかります。)

Windows(パソコン)が、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されたら「はい」をクリックします。

※仮に「はい」をクリックしなかった(できなかった)場合でもインストールはできます。しかし、WordPressサイトは開けません。

デバイスに変更を加える方法は、「Local by FlywheelでWordPressの新規作成エラーの原因のデバイスに変更を加える方法」を確認してください。


WordPressサイトの作成されると下のように設定した項目が表示されます。

  • ADMIN:管理画面表示
  • OPEN SITE:サイト表示

ローカルサイトを表示する

WordPressのローカルサイトを表示するには、Localの管理画面にある「OPEN SITE」をクリックします。

管理画面(ログイン画面)を表示する

WordPressの管理画面を表示するには、Localの管理画面にある「ADMIN」をクリックします。ログイン画面が表示されたら、ログイン名とパスワードを入力して「Log In」をクリックします。

  • Username or Email Address:ログイン名
  • Password:パスワード
  • Remember Me:ログイン名とパスワードを記憶する

WordPressの日本語化

ローカルサイトに作成したWordPressは、英語表示されます。それを日本語表示にするには、「Dashboard」の左サイドメニュー下にある「Settings」をクリックして開きます。

「Site Language」を「日本語」に設定して、一番下にある「Save Changes」をクリックして変更を保存することでWordPressを日本語化できます。

Local(by Flywheel)起動と停止と終了

Local で作成したサイトを起動するには、「START SITE」をクリックします。起動させると「ADMIN」で管理画面、「OPEN SITE」でサイトが表示されます。

Local で作成したサイトを停止するには、「STOP SITE」をクリックします。

Local を終了するには、右上の「×」をクリックするか、メニューを開いて「Exit」をクリックします。

Localを終了すると「Are you sure you want to quit local? All of your sites will be shutdown.」と表示されるので、「はい」をクリックして終了します。

ローカルサイトにデータを移行する方法

ローカルサイトに公開中のWordPressサイトのデータを移行することができます。

WordPressをローカル環境(Local by Flywheel)にコピー(移行)する方法
自宅のパソコンでローカル環境でサイトを作成するときに、公開中のサイトと同じ記事や画像を使い公開サイトと同じようなサイトを作成することができます。そのWordPressサイトのデータを移行やコピーする方法は、いくつかあります。ここで...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました