WordPressをローカル環境(Local by Flywheel)にコピー(移行)する方法

WordPressの作り方

自宅のパソコンでローカル環境でサイトを作成するときに、公開中のサイトと同じ記事や画像を使い公開サイトと同じようなサイトを作成することができます。

そのWordPressサイトのデータを移行やコピーする方法は、いくつかあります。ここでは、特に簡単な「All-in-One WP Migration」プラグインを使用した方法をご紹介します。

All-in-One WP MigrationプラグインでWordPressをコピーする方法

「All-in-One WP Migration」プラグインを使用してデータをコピー(移行)するには、レンタルサーバーで公開中WordPressサイトと、自宅のパソコン(ローカルサイト)の両方にプラグインを導入します。

また、ログインIDとパスワードは、移行先(ローカルサイト)のデータが移行元のデータに書き換えられるので移行元(公開中WordPress)のIDとパスワードを使用します。

データの移行前にローカル環境を構築していないときは、下のリンクより構築方法をご覧ください。

WordPressをローカル環境に構築できるLocal(by FlyWheel)の設定方法
WordPressでサイトを作成するとき、公開しているサイトで直接テーマなど編集することもできます。しかし、編集途中でエラーが出るとサイト表示されなくなりますし、テーマの編集をすると表示が崩れるリスクがあります。そこで、WordP...

公開中レンタルサーバーのWordPress(コピー元)ファイル作成

移行するデータ作成のためにプラグインを導入します。

公開中WordPress(コピー元)を開いて、管理画面の左サイドメニューにある「プラグイン」から「新規追加」を開きます。

検索窓に「All-in-One WP Migration」と入力すると表示されるのでインストールして有効化します。

エクスポートファイルの作成

プラグインを有効化したら、ダッシュボードのサイドメニューに「All-in-One WP Migration」と表示されるので「エクスポート」を開きます。

「サイトをエクスポート」と表示されたら「エクスポート先」を開いて、「ファイル」を選択します。

作成されたファイルをクリックしてダウンロードします。

ローカルサイト(Local by Flywheel)のWordPress(コピー先)の設定

移行元(コピー元)と同じように「All-in-One WP Migration」プラグインをインストールして有効化します。

インポートファイルの展開

プラグインを有効化したら、ダッシュボードのサイドメニューに「All-in-One WP Migration」と表示されるので「インポート」を開きます。

「サイトのインポート」が表示されたら、「インポート元」をクリックして開き「ファイル」を選択します。

続いて「開始」をクリックします。

「サイトをインポートしました。」と表示さたら移行終了です。「完了」をクリックします。

公開中WordPresサイトのデータの移行確認

データのコピー(移行)が確実にできているのか、移行先のローカルサイトにログインして投稿やメディアにある画像を確認します。

このとき、ログインIDとパスワードは、移行元になっていますので間違えないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました