Twenty Twelveのシングルページのページナビ(←、→)の変更方法

Twenty Twelveでシングルページを表示したときに、記事の下に前のページ(←)と次のページ(→)のナビゲーションが表示されます。その表示を変更する2つの方法について。

コードを修正する方法

(←)を表示しているのは、single.phpファイルのprevious_post_linkタグにある_x( ‘←’, ‘Previous post link’, ‘twentytwelve’ )部分ですので、それを削除して代わりに表示したい文字を””(ダブルクオート)で囲んだコードにします。

(→)も同じようにnext_post_linkにある_x( ‘→’, ‘Next post link’, ‘twentytwelve’ )を削除して””(ダブルクオート)で表示する文字を設定します。

下のコードは、変更例になります。

<span class="nav-previous"><?php previous_post_link( '%link', '<span class="meta-nav">' . "≪" . '</span> %title' ); ?></span>
<span class="nav-next"><?php next_post_link( '%link', '%title <span class="meta-nav">' . "≫" . '</span>' ); ?></span>

翻訳ファイルを編集する方法

(←)と(→)を表示しているテンプレートは、single.phpファイルで下のコードの部分になり、(←)と(→)を出力しているのが、_x()の部分です。

<span class="nav-previous"><?php previous_post_link( '%link', '<span class="meta-nav">' . _x( '&larr;', 'Previous post link', 'twentytwelve' ) . '</span> %title' ); ?></span>

<span class="nav-next"><?php next_post_link( '%link', '%title <span class="meta-nav">' . _x( '&rarr;', 'Next post link', 'twentytwelve' ) . '</span>' ); ?></span>

←の変更方法

Poeditを立ち上げて、__()や_e()と同じように、ソースコード&larr;を探して、翻訳のテキストを変更します。

lang6

Poeditのツールバーにある「カタログ」をクリックして「設定」を開きます。
「ソース中のキーワード」タグをクリックして、キーワードの所にある新規追加のボタンをクリックして、_x:2c,1と入力して「OK」ボタンを押します。

poedit

_x:2c,1

変更後にサイトを見てみると、翻訳で変更したテキストが表示されます。

lang5

参考ページ:WordPressORG Forum

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です