目的を達成するために何かを止める必要がある

欲張りな人は、「あれもこれも」と違う事柄を幾つも同時に目標を設定してしまいがちです。ですから、日々することがありすぎますし増えてしまいます。

その結果、目標に達成する期間が長くなってしまい、また長い期間がかかるので中途半端に投げ出してしまう可能性が高くなります。

しかも、幾つも目標を達成するために日々着実に何かしなければならないとなると、目標に振り分けることができる時間が分散することになり、当初考えたような計画通りにいきません。

さらに、時間に追われるような生活の中で心の余裕もなくなってしまいます。心の余裕・・・余力って物凄く重要なので、目標の途中で燃え尽きてしまう可能性も高くなります。

自分の時間や労力をたくさん割いたにもかかわらず、何も目に見える成果を出すことすらなく全て中途半端に終わり、その結果、自身の活力さえ失いかねません。

一番に優先しなくてはいけないことがある場合、一番の目標に自分の時間と体と脳を投入することが目標達成への近道で、それ以外の優先順位の低いものは(一旦)やめる勇気も必要なんです。

自分への反省も込めて書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です