HTMLやJavaScriptを挿入できるショートコード「Insert HTML Snippet」WordPressプラグイン

「Insert HTML Snippet」は、HTMLやJavaScriptを別途作成して、投稿・固定ページにショートコードで挿入することができるプラグインです。

Insert HTML Snippet の導入方法

管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」から「Insert HTML Snippet」と検索すると表示され、そこからインストールすることができます。

ダウンロード:Insert HTML Snippet

Insert HTML Snippet の使用方法

プラグインを有効化すると管理画面のサイドバーに「XYZ Html」と表示され、その中の「HTML Snippets」をクリックして「HTML Snippets」ページを開きます。

ページにある「Add New HTML Snippets」をクリックすると、インサートするコード入力画面(Add HTML Snippet)に切り替わります。

HTML_Snippets

「Add HTML Snippet」画面にある、「Tracking Name」にコード名をアルファベットで入力して、「HTML code」にコードを入力して「Create」ボタンを押して保存します。

HTML_Snippets1

コード作成後「HTML Snippets」画面では、作成したコード名(Tracking Name)とショートコード(Snippet Short Code)が表示されます。

Action項目では、左から順に「有効/無効」、「編集」、「削除」ができるようになっていて、無効(Deactivate)にするとショートコード無効になります。

HTML_Snippets2

作成したショートコードを使用するには、投稿画面でビジュアルエディタにすると「HTML Snippets」が追加されているので、使用するコード名を選択してクリックすると、テキストエリアにショートコードが挿入されます。

HTML_Snippets3

下の画像は、投稿記事でショートコードの内容が表示される例になります。

HTML_Snippets4

HTMLやJavaScriptを挿入できるショートコード「Insert HTML Snippet」WordPressプラグイン」への1件のフィードバック

  1. ebi

    検索からたどりつきました。
    「Insert HTML Snippet」の導入ができて助かりました。
    ありがとうございます

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です