PHPでXML形式データを扱うコードのメモ

ウェブAPIでXML形式のデータを取得してPHPで扱う場合のデータの取得とPHPで扱えるように変換するには、simplexml_load_file()関数を使用します。

XMLデータをPHPオブジェクトに変換して利用する

細かなことは省いて・・・XMLデータをPHPで扱う流れとしては以下のようになります。

①問い合わせ先のURLを設定($base_url変数にURLとパラメータを設定)
②simplexml_load_file()関数によってXMLデータをオブジェクトにする
③$objに代入されたオブジェクトを使い、HTMLなどを使ってデータをウェブ上で表現していく形になります。

$obj = simplexml_load_file($base_url);

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です