投稿記事・ページにHTML・JS・PHPコードを挿入できるプラグイン「Code Insert Manager」

「Code Insert Manager」は、記事の上や下にコードを挿入出来るプラグインで、この他にも固定ページやサイトのヘッダー、フッター等にコードを挿入でき、さらにショートコードも作成できます。

コードを挿入・除外の設定が細かくでき、トップページだけに表示したり除外したりなどの他に、管理者がサイトを見るときは表示しないなどの設定ができます。

コードの優先順位(プライオリティ)の設定もできるので、記事にいくつかのコードが追加されているとき(関連記事の表示などがあるとき)に表示順を後にしたり先に出来る設定もあります。

Code Insert Manager のダウンロード・インストール

プラグインの導入は、サイトの管理画面より「プラグイン」⇒「新規追加」ページを開いて「Code Insert Manager」と入力すると表示されるので、そこからインストールできます。

ダウンロード:Code Insert Manager

Code Insert Manager プラグインの設定・使い方

プラグインの有効化後に管理画面のサイドバーに「Code Insert」が表示されます。

「Settings」では、プラグインの設定ができますがデフォルトの設定で良いので特に変更はしません。(コメントでショートコードを使う場合チェックを入れて変更する程度です)

コードを新規作成するには、「Add New」をクリックしてページを開きます。または、「Inserts」ページにある「Add New」をクリックします。

code_insert1

「Add New」では、コードの表示する場所などの設定とコードを入力します。

Description:コードの名前を入力します。
Status:Activeでコードが有効になります。
Location:コードの挿入するところやショートコードを取得・設定できます。
Priority:優先順位の設定
Insert on pages:ページのどこに挿入するか設定します。
Exclude pages:除外するページ等を設定します。
Hede from user:表示しないユーザーをチェックできます。
Include code:テキストエリアにコードを入力します。(表示を左・中・右と設定できます)

code_insert

上の画像の設定をすると、「Location」に「Before Page content」(Before Post contentにすると記事の上、タイトル後に表示します。)で記事の前にコードを挿入し、「Insert on pages」を「Pages: All Post Types pages」にすると個別記事を表示すると記事の上に「Hello World!」と表示されるようになります。

設定を保存した後、「Inserts」ページを開くと下の画像にあるようにコードのリストが表示され、Deactivateをクリックするとコード無効にでき、Activateで有効にできるようになっています。

code_insert3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です