checkedでラジオボタン、チェックボックスのチェック属性の追加

inputを使ってラジオボタンやチェックボックスのチェック表示するときに、チェックがあるかどうかを付加するときif条件式を使用していたのですが、checkedを使うとifより簡潔にコードがかけるので、checkedを使用したときのメモ。

チェックされたかどうかをcheckedで確かめるには、checkedの第1引数と第2引数に比較したい値(変数)を設定して、同じ値ならチェックが入ります。

checked(get_option('データのキー'), 比較する値);

第3引数も設定でき、チェックを出力するかしないかを設定できます。
デフォルトでは、trueになっていて出力されますが、falseにするとチェック出力がされません。

checked(get_option('データのキー'), 比較する値, false);

inputを使うと下のようなコードになります。下の例では、get_optionでchecklinkの値を取得して、その値が1を同じならcheckedが付加されます。

<input type="checkbox" name="checklink" value="1" <?php checked(get_option('checklink'), 1); ?> />

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です