options.phpでデータをみる

プラグイン作成のときなど、ちょっとしたデータの保存・利用に使用するget_option()、update_option()の値はデータベースに格納されていますが、管理ページでもデータの内容を見ることが出来ます。

アドレス
htt://ドメイン/wp-admin/options.php

上のURLを入力するとデータを見ることが出来ますが、内容の変更はここではしないほうが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です