JREをアンインストールできない現象

JAVA(JDKも含む)を古くからこのパソコンで使用してしますが、バージョンの古いのも残されていたので一旦全て削除してしまおうと考えて、まず新しいJREを「プログラムの設定と削除」から削除をしようと試みると、情報を収集してと表示されたあと、途中で途切れしまいアンインストールできませんでした。

そこで、最新のJREを入れようと実行していると、なぜかアンインストール画面が出て削除でき「プログラムの設定と削除」からも表示が消えました。

JREを削除したのでJREを使用しているアプリは使えなくなります。
しかし、使えないはずのアプリが普通に使用できてしまいました。

原因は過去の残骸だと思いますけれど、それをどうしようかと考えた結果、今年の年末から来年にかけて新しいパソコンを購入しようと思うので、完全削除に時間を割くのは無駄になる思い、とりあえずそのまま放置することにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です