JSPServletとDB接続テスト3

JSTLの使用

1)http://jakarta.apache.org/site/downloads/downloads_taglibs.htmlからjakarta-taglibs-standard-1.1.2.zipをダウンロード、展開。
2)展開したlibフォルダにあるjstl.jarとstandard.jarをWEB-INF下のlibフォルダに置く。
3)テストファイル(test2.jsp)の作成。
4)warファイルの作成。
5)Tomcatの起動。
6)ブラウザの立ち上げ後、URL(http://localhost:8080/warファイル名/test2.jsp)の入力で、データが表示されればOK。

test2.jsp


<%@ page contentType="text/html; charset=Windows-31J" %>
<%@ taglib prefix="c" uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/core" %>
<%@ taglib prefix="fmt" uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/fmt" %>
<%@ taglib prefix="sql" uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/sql" %>

<html>
<head>
<title>データを表示する</title>
</head>
<body>
<h1>結果</h1>

<sql:setDataSource
url="jdbc:mysql://localhost/testdb?useUnicode=true
  &characterEncoding=SHIFT_JIS"
driver="com.mysql.jdbc.Driver"
user="ユーザー名" password="パスワード" var="ds"/>

<sql:query var="test" dataSource="${ds}">
SELECT * FROM us
</sql:query>

<c:forEach var="row" items="${test.rows}">
<table>
<tr>
<td><c:out value="${row.id}" /></td>
<td><c:out value="${row.name}" /></td>
</tr>
</table>
</c:forEach>

</body>
</html>

※2005,6年の昔の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です