「Visual Studio Community 2015」の日本語化する方法について

Visual Studioをダウンロードしてインストールしたら初期状態が英語だったので、それを日本語表示にしようと日本語の言語パックをダウンロードしてインストールしたのに全く日本語にならず時間を要しました。

Visual Studioを日本語化する方法

そのVisual Studioを日本語化する方法についてメモしておきます。

Visual Studioを起動して、メニューバーにある「Tools」⇒「Options」をクリックして開き、「International Settings」をクリックして「Get Additional languages」をクリックします。

サイトが最初に表示されたときは、英語で「English」と表示されているので、それを「japanese」にします。すると下の画像にあるように表示が「日本語」となりますので、その段階で言語パックをダウンロードします。※日本語と表示されてからダウンロードするのが重要です。
言語パックURL:Microsoft Visual Studio 2015 Language Pack

日本語の言語パックをダウンロードしたら、Visual Studioを閉じてから言語パックをクリックしてインストールします。

言語パックのインストールが完了したら、Visual Studioを起動して、メニューバーにある「Tools」⇒「Options」をクリックして開き、「International Settings」をクリックして開き、「Language:」の設定を日本語にして「OK」ボタンを押して設定後、Visual Studioを再起動すると日本語表示になります。

最初から日本語対応Visual Studioをダウンロードする方法

日本語設定するためにサイトのページを見ていて気がついたんですが、ダウンロードするときに日本語を指定してダウンロードできるところがあったので、それも書いておきます。

まず最初にダウンロードする場所ですが、下記URLを開いてページ下にある「Visual Studio Community 2015 with Update 3 – Free」という所に移動して、右にある言語を「日本語」に変更してダウンロードすることで、たぶん最初から日本語パックが入っているVisual Studio Communityを手に入れることができるはずです。

URL:https://www.visualstudio.com/downloads/#DownloadFamilies_2

visualstudio4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です