ログインページのURLを変更プラグイン「Hide login」

WordPressのログインページに海外からの不審なアクセスがありましたので、その対処としてログインページのURLを変更できる「Hide login」プラグインを導入。

使い方は簡単なのですが、注意すべきことがあります。

Hide loginの使い方
1.「Enable Plugin」をonにする。(プラグインを有効にする)
2.「Login Slug」「Logout Slug」「Admin Slug」を付けたい名前にします。
*全部の名前を変えなくてもいいです。
3.「hide Mode」をEnableにする。(有効にする)
4.「Save Changes」をクリックして設定を保存します。
5.サイトURLに設定したURLにアクセスするとログインページに移動。
*ログインするときは、キャッシュが残っているせいなのか?環境により一旦ブラウザを閉じる(場合により再起動など)必要があります。

※.htaccessファイルがある場合、環境により「606」にすると設定がうまくいきます。(「全てのユーザー」権限を書き込み出来るようにする)

気をつけること、注意すべきこと
私がプラグイン導入にあたり気になったことです。
①設定の仕方が悪いのかデフォルト以外のパーマリンク設定があるとうまくいかない。*(カスタムは試していません)
②「Login Slug」で設定したログインURLではアクセスできないとき。
基本はブラウザを再度立ち上げます。
(またプラグイン設定すると「.htaccess Output」に色々表示されます。そこにある「Login Slug」で設定した名前のある行が下記のように表示されます。
例:RewriteRule ^test wp-login.php?hide_in_key=・・・・・・・・・・・・
再起動後にはできませんが、設定後ブラウザをそのまま使用している場合(再起動前?)、「test」の横にあるコードを自分のサイトのURLに続けてコピーしてアクセスするとログインページが表示される可能性があります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です