Google Search ConsoleにWordPressのサイトマップを登録する方法

サーバー設定

「Google Search Console」を利用するためにレンタルサーバーの設定方法、またWordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を利用してサイトマップURLの設定する方法について書いています。

Google Search Consoleにサイトを登録する方法

Google Search Consoleサイトを開くと、Googleにログインしていないときは、下の画像のページが表示されますので、「今すぐ開始」をクリックします。

※アカウントを持っていない場合は、Googleアカウントページからでもアカウントを作成することができます。

Googleアカウントにログインしている場合

Googleアカウントにログインしているときは、「プロパティタイプの選択」ウインドウが表示されます。

「プロパティタイプの選択」では、「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2つのサイト登録をする箇所が表示されています。

ここでは、「ドメイン」のところに下に、登録するドメイン名(URL)を入力し「続行」を押します。

2つのURL登録タイプについて

登録するドメインで、別サイトを運営せず1つのサイトだけを運営するなら、「ドメイン」で登録するのをおすすめします。

ドメインのサブドメイン(サブディレクトリ)を使い別サイトを作成して運営するなら「URLプレフィックス」でサイト登録します。

Google Search Consoleページでサイトを追加するには

また、Google Search Consoleページで、左上にあるドメインをクリックして表示される「+プロパティを追加」からも「プロパティタイプの選択」ページを表示できます。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

「プロパティタイプの選択」ウインドウでドメインを入力して「続行」をクリックすると、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」ウインドウが表示されます。

「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」にある、「2.以下のTXTレコードをwpcos.comのDNS設定にコピーします」をコピーしますので、コードの横にある「コピー」をクリックします。

このままの状態で、次にレンタルサーバーの設定をしていきます。

サーバーのDNSレコード設定(エックスサーバー)

「Google Search Cosole」の「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」でコピーしたTXTレコードをサーバーに設定します。(ここでは、レンタルサーバーにエックスサーバーを使用して説明しています。)

エックスサーバーのサーバーパネルを開いて「ドメイン」にある「DNSレコード設定」をクリックします。

「ドメイン選択画面」が表示されるので、設定する「ドメイン名」の横にある「選択する」をクリックします。

「DNSレコード設定」画面が開きます。

「DNSレコード設定」画面にある「DNSレコード追加」タブを開き、「機種」と「内容」を設定します。
機種:「TXT」に設定します。
内容:コピーしたTXTレコードをペースト(貼り付け)します。
設定をしたあと、「確認画面へ進む」をクリックします。

確認画面が表示されるので、「追加する」をクリックします。

レコードの追加完了の表示が出たら、サーバーパネルでの設定は終わりです。

サーバーでDNSレコードの設定を終えたら、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」に戻り、「確認」ボタンをクリックすると、「所有権を証明しました」と表示されます。

これでドメインの設定は完了します。続いてサイトマップの登録をします。

Google Search Consoleにサイトマップを追加するやり方

ブログのサイトマップURLを「Google Search Console」に登録します。

サイトマップのURL確認(Google XML Sitemapsプラグイン)

「Google Search Console」に サイトマップを送信するのに便利なWordPressのプラグインがいくつかありますが、昔からあり今も更新されている「Google XML Sitemaps」プラグインをここでは使用します。

追加するサイトマップのアドレス(URL)は、「Google XML Sitemaps」プラグインの設定ページに「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:」欄の表示されているのでコピーします。

※Google XML Sitempsプラグインの使用方法は、下記ページを見てください。

Google Search Consoleにサイトマップ登録

「Google Search Console」ページを開き、「サイトマップ」をクリックすると「新しいサイトマップを追加」が表示されます。

「新しいサイトマップを追加」のところにブログのサイトマップURLを入力します。

コピーしたサイトマップのURLを、「新しいサイトマップの追加」に貼り付けて「送信」ボタンをクリックします。

サイトマップURLが正しければ「成功しました」と表示されます。

サイトマップURLに関して気をつけること

追加するサイトマップURLは、一般的にドメイン名/sitemap.xmlとなる場合がほとんどです。

例:http://wpcos.com/sitemap.xml

しかし、sitemap.xmlではない値をサイトマップに追加する場合もあります。

例:http://wpcos.com/index.php?xml_sitemap=params=

この「index.php?xml_sitemap=params=」または「sitemap.xml」になる違いは、WordPressの「パーマリンク設定」によります。

WordPressの「パーマリンク設定」で「基本」にチェックしてあると、記事のアドレスは、「ドメイン/?p=123」となります。この場合のサイトマップURLは、「index.php?xml_sitemap=params=」になります。

一般的に使われるサイトマップ「ドメイン/sitemap.xml」にしたいなら、WordPressのパーマリンク設定を「基本」以外にチェックします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました