子テーマの作成方法

以前に子テーマ作成過程の記事(TwentyTenの子テーマを作成)に子テーマ作成方法を書いたのですが、改めて書きます。

子テーマ作成方法

1.子テーマフォルダ(フォルダ名は適当)を「wp-content/themes/」に作成。
2.「style.css」ファイルを作成し、「wp-content/themes/子テーマフォルダ/」に配置。

子テーマ作成例

twentyelevenを基に子テーマ作成例を書きます。

1.子テーマフォルダ「twentyeleven-child」を作成、「wp-content/themes/」に配置します。

2.子テーマフォルダに配置する「style.css」を作成します。

「style.css」ファイルには、以下の要素を書きます。
/*
Theme Name: twentyeleven-child
discription: twentyelevenの子テーマ
Author: WP-Costume
Template: twentyeleven
*/

@import url(‘../twentyeleven/style.css’);

お勧めしませんが、以下のように親テーマだけ指定しても利用できます。
この場合、「Theme Name」は、フォルダ名になります。
/*
Template: twentyeleven
*/

@import url(‘../twentyeleven/style.css’);

作成した「style.css」ファイルを子テーマフォルダ「twentyeleven-child/」に配置すると子テーマとして認識されます。

「@import url(‘../twentyeleven/style.css’);」が、なくても子テーマをして認識されますが、親テーマの「style.css」を継承して必要な箇所のデザインを変更するために追加します。

*親テーマ「style.css」を子テーマ「style.css」にそのままコピーする方法もあります。

ザックリまとめ

①親テーマのスタイルCSSファイルを継承して一部だけ変更する場合
子テーマのstyle.cssファイルに以下のコードを書いて保存。
/*
Theme Name: 子テーマ名
discription: テーマの説明
Author: 作者
Template: 親テーマ名
*/
@import url(‘../親テーマのフォルダ/style.css’);

②スタイルをすべて自分で作成・設定する場合。
子テーマのstyle.cssファイルに以下のコードを書いて保存。
/*
Theme Name: 子テーマ名
discription: テーマの説明
Author: 作者
Template: 親テーマ名
*/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です