カスタム投稿タイプを作成して表示する簡易な方法

細かなことは省いて、テンプレート作成をせずコードを触らずにカスタム投稿タイプを作成して記事を作り、それをサイトで表示する方法を書きます。

カスタム投稿で作成した記事をサイトで表示することができるのを実感できればという記事になります。

Custom Post Type UIのインストール

「Custom Post Type UI」とプラグイン検索すると表示されますのでインストールをして有効化します。

Custom Post Type UIの設定

管理画面のサイドバーに「Custom Post Type」が追加されますので「Add New」をクリックして、カスタム投稿タイプ作成ページに移動します。
custom1

表示されたカスタム投稿作成ページでは、例として以下の項目を入力します。
投稿タイプ名:test
ラベル:テスト
custom2

「Advanced Options」をクリックして「Has Archive」をTrueにして保存します。
※Trueにすることで一覧表示できるようになります。
custom5

※作成したカスタム投稿を編集したいときは、「Manage Post Type」をクリックして「カスタム投稿タイプの管理」ページに移動して、編集したいカスタム投稿タイプにあるEditをクリックすると編集ページが表示されます。

パーマリンクの設定

管理画面のサイドバーにある「設定」から「パーマリンク設定」ページに移動して、共通設定にあるカスタム構造にチェックをしてテキスト欄に例として「/%post_id%.html」と入力した後に「変更を保存」をクリックして保存します。

※タグを「/archives/%post_id%.html」にすると、カスタム投稿を表示するURLが「http://ドメイン/archives/test/%post_id%.html」になります。
custom-1

カスタム投稿タイプの記事作成

カスタム投稿タイプで作成した「テスト」が、管理画面のサイドバーに表示されるので、「Addテスト」をクリックして新規で記事を作成します。
custom3

ここでは、適当な内容の記事を作成して保存します。
custom4-1

サイトを表示して確認

サイトでカスタム投稿を確認するためにURLを「http://ドメイン/test」にして確認するとカスタム投稿で作成した記事(一覧)が表示されます。
custom6

サイトにカスタム投稿へのテキストリンクを作成するのに、外観⇒メニューにある「カスタムリンク」でメニューに追加してサイトを表示するとユーザーにわかりやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です