「Outlook Express」宛ての空メール対策

「Outlook Express」で見るプロバイダーアドレス宛てに空メールが今年に入りよく来るようになり、その対策をメモします。

空メールの特徴
特徴は下記の2つで、誰が送り主か定かでないのと件名がないことです。
● 件名:なし
● 宛先:undisclosed-recipients(受信者不明)

この2つを受信トレイからはじく設定をすることで、煩わしい削除処理を減らすことが出来ます。

空メールを別フォルダに自動選別する方法
件名が何もない空の状態の場合、空白をフィルターする方法がOutlook Expressにはないので、空メールの状態に合わせて対策をします。

「宛先が不明」の場合の対処方法
1.「Outlook Express」の「ツール」⇒「メッセージ ルール」⇒「メール」を選択します。
outlookexpress-rule

2.「メッセージ ルール」の「新規作成」をクリックして「新規メール ルール」を設定していきます。
outlookexpress2

3.宛先不明のメールを別のフォルダに移動するためのルールを設定します。
ルールの条件で、「宛先にユーザーが含まれている場合」にチェックします。
ルールのアクションで、「指定したフォルダに移動する」にチェックします。
チェックをすると「ルールの説明」に「宛先にユーザが含まれている場合指定したフォルダに移動する」ルールができます。
outlookexpress3

4.「ルールの説明」にある「ユーザーが含まれている」と「指定したフォルダ」をそれぞれ設定していきます。
「ユーザの選択」に@を入力して追加ボタンを押します。これは、宛先が不明の場合アドレス表示が無いのを利用するために@を指定する意味です。
outlookexpress-rule3

5.「人(p):」追加した@を選択してオプションボタンを押します。
outlookexpress-rule4

6.「ルール条件のオプション」で、「メッセージが次の単語を含まない場合」をチェックしてOKボタンを押します。これは、宛先不明の場合、通常アドレスがあるのにそれがないのを利用するためです。
outlookexpress-rule5

7.「ルールの説明」にある「指定したフォルダ」をクリックします。
ここでは、新規フォルダを作成して選択するだけです。

追記:送信者が無い場合の送信者にアドレスがないので@がない設定をすることで対応できます。

参考サイト: Microsoftサポート Outlook Express で迷惑メールが多くて困った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です