ショートコードの書き方

ショートコードは、サイトにコードを埋め込みたいときに利用します。
一度作ると何回でも利用できるので、エディタで何か表現したいときに利用すると便利です。

ショートコードの作り方

functions.phpファイルに以下のコードを追加することでショートコードが使えるようになります。

function 関数名() {

プログラム内容

}

add_shortcode(‘ショートコード名’,’関数名’);
関数名:任意の名前をつけます。
プログラム内容:処理内容を書きます。
ショートコード名:任意の名前をつけます。
関数名:functionでつけた任意の名前を指定します。

ショートコードの使い方

大カッコ[]の中にショートコード名を書くことで利用することが出来ます。
例:[ショートコード名]

使い方の例

functions.phpファイルに以下のコードを入力します。

function hello() {
return ‘こんにちは!’;
}

add_shortcode(‘aisatu’, ‘hello’);
WordPressのエディタで、[[aisatu]] と書くとサイトに「こんにちは!」と表示されるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です