WordPressの自動インストール方法(CORESERVER)

コアサーバーで自動インストールを機能を利用してWordPressをインストールするためには、データベースを作成して、そのあとWordPressのインストールをする手順が必要です。

データベースの作成

コアサーバーの管理画面のサイドバーの「管理メニュー」にある「データベース」をリックして、MySQLの追加・編集ページに移動します。

DB/ユーザー名、パスワードを作成するので入力して、文字コードをUNICODEに合わせます。先頭にある選択をチェックして「作成」ボタンをクリックします。
auto-install-coreserver-1

WordPressのインストール

「管理メニュー」にある「CGIインストール」をクリックして「CGI/スクリプト自動インストール」ページに移動して、「WordPress 3.2.1(ブログ)」の「設置場所・パス」にインストールするフォルダ(ディレクトリ)名を入力して「インストール」ボタンを押します。
auto-install-coreserver1-1

「インストール」ボタンを押して「正常に送信されました。」と表示されたあと、「戻るにはここをクリックしてください。」をクリックして戻ります。
auto-install-coreserver-2

「CGI/スクリプト自動インストール」ページに戻り、「設置場所・パス」項目のある「開く」をクリックします。または、ブラウザにhttp://ドメイン名/入力したフォルダ名/を入力します。
auto-install-coreserver1-1

通常、開いた先のぺーじでは、設定ファイルがないので「設定ファイルを作成する」ボタンを押して次に進みます。
auto-install-coreserver-3

さらに「次に進みましょう!」ボタンを押して次のページに移動します。
auto-install-coreserver4

WordPressをインストールするためのデータベース接続情報を入力するページが表示されますので、「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「データベースのホスト名」を入力して「作成する」ボタンを押します。「テーブル接頭辞」はそのままにします。
auto-install-coreserver5

※データベース情報は、「パスワード?」入力欄の横にある「確認」を押すと表示されます。
auto-install-coreserver-1

データベース入力が正しいと以下の表示がされますので、「インストール実行」ボタンを押します。
auto-install-coreserver6

「インストール実行」ボタンを押すと、必要情報を入力するページが表示されるので入力して「WordPressをインストール」ボタンを押します。
auto-install-coreserver7

インストールに成功したページにある「ログイン」ボタンをクリックするとログインページが表示されます。
auto-install-coreserver7-1

因みにコアサーバーに自動インストールするWordPressのバージョンは古いので、ログイン後に管理画面より新しいバージョンに更新します。

WordPressの自動インストール方法(CORESERVER)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: WordPressのインストール(XREA) | extra76

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です