レンタルサーバーによって、ダッシュボードからダウンロードが出来ない場合

ダッシュボードから、プラグインを自動更新しようとしても出来ないレンタルサーバーがあります。

その場合、プラグインをWordPressに入れる方法は、別途、自分のパソコンに必要な(欲しい)プラグインをダウンロードして解凍して、それをFTPソフトなどで、WordPressのプラグインがあるフォルダにアップロードする方法があります。テーマに関しても同じです。

しかし、毎回そういうやり方は手間がかかり面倒です。

そこで、導入しようとしているプラグインのバージョンアップ版や新しいバージョンのWordPressなどを導入する場合、自動更新をクリックしても更新されず、「接続情報」画面が表示されますので、その画面で以下の項目を入力する事で、自動で更新できるようになります。

「ホスト名」
「FTP ユーザー名」 
「FTP パスワード」

自分がレンタルサーバーを借りたときのホスト名、FTPユーザー名とパスワードを入力すればいいわけなので設定は簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です