ユーザエージェントを変更できるGoogle Chrome拡張機能「User-Agent Switcher for Chrome」などのリスト

Google Chromeの拡張機能「User-Agent Switcher for Chrome」などを使うと、Internet Explorer、Firefox、IPodのモバイル端末などにユーザーエージェントを変更できます。

似たような名前なのでウェブストアで「User Agent」と検索すると表示されると思います。

User-Agent Switcher for Chrome

Chrome-extension-UserAgentSwitcher0

タブの横に追加された「User-Agent Switcher for Chrome」クリックすると、IEやFirefoxなど表示されます。

Chrome-extension-UserAgentSwitcher

iOSをクリックするとiPhone4やiPadが表示された中から選択しクリックしてサイトの更新をすることで表示が変わります。

Chrome-extension-UserAgentSwitcher1

User-Agent Switcher

Chrome-extension-UserAgentSwitcher01

タブの横に表示されるUser-Agent Switcherボタンをクリックすると下のUser Agentリストが表示されるのでクリックして選択した後、サイトを更新すると表示が変更されます。

Chrome-extension-UserAgentSwitcher3

User-Agent Switcher

Chrome-extension-UserAgentSwitcher02

Select a User-Agentを開くとUser Agentリストが表示され選択するとそのまま自動で表示されているサイトが更新されて表示されます。

Optionsボタンを押すとUser Agentをカスタマイズすることができ、Show User-agentボタンを押すと自分の情報が表示されます。

Chrome-extension-UserAgentSwitcher4

Ultimate User Agent Switcher, URL sniffer

Chrome-extension-UserAgentSwitcher03

「今すぐ有効にする!!」にチェックをいれるとUser Agentにチェックをできるようになり、「現在のタブを表示し直す」チェックを入れると自動でウェブサイトが更新されて表示される拡張機能です。

Chrome-extension-UltimateUserAgentSwitcherURLsniffer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です