JSON.stringifyとJSON.parse

JSON.stringifyは、オブジェクトをJSON形式のデータにして、JSON.parseは、JSON形式のデータをオブジェクトにします。ということで、この2つを使いJSONデータを表示するプログラムです。

メソッドの働きを試すためのプログラムです。

test.json

{"Country":"日本","Capital":"東京"}

get.html

JSONデータを$.getなどでロードして使用するとき、その値はオブジェクトとしてすぐに使えるので、下のコードにあるJSON.stringifyとJSON.parseはコメントアウトしても同じ結果が得られます。

$(function() {
	$.get("http://localhost/test.json")
		.done(function(data){
		var data = JSON.stringify(data);
		var data = JSON.parse(data);
		alert(data.Country);
	});
});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です