feedlyボタンをWordPressで使う方法

feedlyボタンは、feedly buttonページで作成できます。
作成方法は、下のリンク先ページを参考にしてください。
feedlyボタンを作成する方法

feedlyボタンをサイトで使う方法

WordPressでfeedlyボタンを表示・利用するには、いくつか方法があります。

  1. プラグインを利用する
  2. ウィジェットのテキストを利用して表示する
  3. テンプレートにコードを直接入力する

プラグインを利用する

ソーシャルボタン系のプラグインでfeedlyボタンを扱っているものもあるので、それを利用することで表示できます。

feedlyボタンをウィジェットで使える「Add to Feedly」というプラグインを利用すると簡単にサイドバーに表示することもできます。
Feedly(RSSリーダー)ボタンをサイドバーに表示できるプラグイン「Add to Feedly」

ウィジェットのテキストを利用して表示する

「外観」⇒「ウィジェット」を開いて、「テキスト」ウィジェットをサイドバーに配置して「テキスト」ウィジェットには、「feedly button」ページで取得したコードを入力(貼り付け)して保存するとボタンが表示されます。

feedly

テンプレートにコードを直接入力する

テンプレートに直接入力して使用する場合、「feedly button」ページで取得したコードを任意の場所に入力します。例えば、Twenty Twelveテーマを使う場合、content.phpファイルのdiv.entry-contentに追加します。

また複数のWordPressを運営している場合やドメインを移動する場合に、そのときそのときにコードを取得する方法もありますが、サイト毎のフィードURLを取得するget_bloginfo(‘rss2_url’)を使用して移動したときでもそのままコードを作成することなくfeedlyボタンを表示させることもできます。

$feedly = '<a href="http://cloud.feedly.com/#subscription%2Ffeed%2F' . get_bloginfo("rss2_url") . '" target="blank"><img id="feedlyFollow" src="http://s3.feedly.com/img/follows/feedly-follow-rectangle-flat-small_2x.png" alt="follow us in feedly" width="66" height="20"></a>';
echo $feedly;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です