WordPressのテンプレートのアドレス取得タグのリストと値

WordPressのテンプレートをカスタマイズしたり子テーマを作成したりするときに、テンプレートのパスが必要な場合があります。

そのようなときにテンプレートタグで返される値が、どのようなものか一見わかりづらいので確認の意味も込めてリストを作成しました。

リストの内容についてテンプレートタグの右が(親)テーマで使用したときの値で、その下(子テーマ)の右が子テーマでタグを使用したときの値になり、wpはWordPressのインストールフォルダ(ディレクトリ)名になります。

テンプレートタグ ファイル(アドレス)パス
get_stylesheet_uri() http://localhost/wp/wp-content/themes/twentytwelve/style.css
(子テーマ) http://localhost/wp/wp-content/themes/child-twelve/style.css
get_stylesheet_directory() C:\wamp\www\wp/wp-content/themes/twentytwelve
(子テーマ) C:\wamp\www\wp/wp-content/themes/child-twelve
get_stylesheet_directory_uri() http://localhost/wp/wp-content/themes/twentytwelve
(子テーマ) http://localhost/wp/wp-content/themes/child-twelve
STYLESHEETPATH C:\wamp\www\wp/wp-content/themes/twentytwelve
(子テーマ) C:\wamp\www\wp/wp-content/themes/child-twelve
get_template_directory() C:\wamp\www\wp/wp-content/themes/twentytwelve
(子テーマ) C:\wamp\www\wp/wp-content/themes/twentytwelve
get_template_directory_uri() http://localhost/wp/wp-content/themes/twentytwelve
(子テーマ) http://localhost/wp/wp-content/themes/twentytwelve
get_theme_root() C:\wamp\www\wp/wp-content/themes
(子テーマ) C:\wamp\www\wp/wp-content/themes
get_theme_root_uri() http://localhost/wp/wp-content/themes
(子テーマ) http://localhost/wp/wp-content/themes
TEMPLATEPATH C:\wamp\www\wp/wp-content/themes/twentytwelve
(子テーマ) C:\wamp\www\wp/wp-content/themes/twentytwelve

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です