楽天ウェブサービスAPIの「きれいなJSON」が使いやすい

楽天ウェブサービスで「きれいなJSON」というのがあるのですが、それを利用するとデータがシンプルになり分かりやすくなっています。

利用方法は、単純でリクエストURLの最後に”formatVersion=2″を追加するだけです。

前の記事で書いた(楽天ウェブサービスAPIの商品検索APIを使用して商品を表示するサンプル)を例にしたリクエストURLが下のコードです。

$base_url = "$request_rakuten?applicationId=$appid_rakuten&keyword=$query_rakuten&formatVersion=2";

同じく前の記事のjQueryのforループを”formatVersion=2”を利用したときのコードが下になります。

for(var i = 0; i < 5; i++) {
	var img_goods = $('<img>').attr('src', goods[i].smallImageUrls[0]);
	$('#content').append('<p>' + goods[i].itemName).append(img_goods);
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です