Google Developers Console

前に記事で書いた(Google APIs Console」の使い方)ときに比べ、Google Developers Consoleの表示などが、以前と比べ若干変更されているので、そのメモ。

GoogleのAPIサービスを利用するときに、サービスによってはキーが必要になるので、以下のサイトにアクセスします。
Google Developers Console

キーを取得するために、「APIと認証」にある認証情報を開きます。
※プロジェクト作成済み

google-developers-console0

「公開APIへのアクセス」ウインドウにある「新しいキーを作成」ボタンをクリックします。

google-developers-console

「新しいキーの作成」で「ブラウザキー」をクリックします。

google-developers-console2

「ブラウザキーの作成と許可対象リファラーの設定」で、「作成」ボタンをクリックします。※ローカル環境でテストする場合。

google-developers-console3

「作成」をクリックすると、「ブラウザ アプリケーションのキー」が、APIキーが作成、表示されます。

google-developers-console4-1

APIの利用は、「APIの認証」にある「API」ページを開いてステータスを「ON」にします。

google-developers-console5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です