JavaScriptのオブジェクトの中身を確認する方法

JavaScirptでデータを確認するためにコンソールで出力してみると、[Object Object]と表示されることがありますが、その中身のデータや構造を確認したいときの方法についてのメモ。

console.log

IEのコンソールでは、[Object Object]と表示され中身を確認できませんが、Google Chrome、Firefoxでは確認できます。

console.log(obj);

console.dir

IE、Google Chrome、Firefoxでそれぞれオブジェクトの構造が表示されるので、それぞれ確認することができます。

console.dir(obj);

JSON.stringify

これは、オブジェクトをJSON形式の文字に変換するメソッドで、表示するときにconsole.logなどを使ってデータを表示できます。ただし、JSON形式の文字列になっているので見ずらいです。

var jsonData = JSON.stringify(obj);
console.log(jsonData);
var obj = JSON.parse(jsonData);

また、オブジェクトを利用するときは、コメントアウトや削除しても良いんですが、そのまま利用する場合、再度オブジェクトに戻すJSON.parseやparseJSONを使いオブジェクトに戻す必要もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です