JavaScriptのオブジェクト(JSONデータ)の参照のこと

JSON形式のデータの中には「0」が扱われている場合があり、オブジェクトとしての扱いが面倒だという話です。※Yahooショッピング等のAPI

JavaScriptでオブジェクトのプロパティを参照するときは、「.」を使います。

var obj = {"prop": "プロパティ"};
console.log(obj.prop);

下のオブジェクトの「data4」を参照するときは、「object2.data3.data4」と書くこと「データ4」と表示されます。

var object2 = {"data3": 
                 {
                   "data4": "データ4",
                   "data5": "データ5"
                 },
                "data1": "データ1",
                "data2": "データ2",
              };
console.log(object2.data3.data4);

では、「data3」が「0」の場合、「object2.0.data4」と書くとエラーになります。
このようなときは、「object2[0].data4」と書くとプロパティを表示できます。

var object2 = {"0": 
                 {
                   "data4": "データ4",
                   "data5": "データ5"
                 },
                "data1": "データ1",
                "data2": "データ2",
              };
cosole.log(object2[0].data4);

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です