$.getJSONとPHPでlivedoor天気APIのデータ取得と表示サンプル

jQueryの$.getJSONを利用してWebAPIを利用するプログラムの例で、livedoorの天気APIからJSONデータを取得してデータの一部を表示するプログラムです。

IdWeather.php

APIには、PHPを使いアクセスしてJSON形式データを出力しています。

$city = 130010;
$base_url = "http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1?city=$city";
$json = file_get_contents($base_url);
$json = mb_convert_encoding($json, 'UTF-8');
print $json;

getjson.js

$.getの第一引数”IdWeather.php”からJSONデータを取得して、そこから正常に通信を終えると.doneが実行されアラートで地域名を表示します。

$(function() {
	$.getJSON("IdWeather.php", function(data){
	})
	.done(function(data) {
		alert(data.title);
	})
	.fail(function(data) {
	});
});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です