Yahoo!電気使用状況APIを利用したプログラム

Yahoo!デベロッパーネットワークで提供されている「電気使用状況API」を利用した簡単なコードをPHPで作成しました。

Yahoo!電気使用状況APIのメモ

  • Webサービス:電気使用状況API
  • データ形式:XML、JSON、PHPSerialize
  • 使用時の注記:クレジット表示必要
  • 利用時の登録:必要

APIを利用したプログラム

XMLとJSONをそれぞれ利用したプログラムを作成したのですが、共通のベースとなるリクエストURLのコードが下のコードになります。

ただし、XMLデータを使う場合は、「output=」の値を「xml」にするか、もしくは「output」パラメータを削除するとデフォルトのXMLデータになります。

$appid = 'アプリケーションコード';
$area = "tokyo";
$base_url = "http://setsuden.yahooapis.jp/v1/Setsuden/latestPowerUsage?appid=$appid&area=$area&output=json";

XMLを利用したプログラム

共通のリクエストコードをの後にYahoo!電気予報APIコードサンプル(PHP)の記事で作成したときとほぼ同じプログラムになりますが、下のコードで電気使用状況を表示します。

$xml = simplexml_load_string( file_get_contents($base_url) );

$now = new DateTime($xml->ElectricPowerUsage);
echo $now->format('Y年n月j日') . '<br />';
echo $xml->Usage . 'Kw(電力使用量)<br />';
echo $xml->Capacity . 'Kw(最大供給量)<br />';

JSONを利用したプログラム

下のコードは、時間の表示はないのですが、JSONを使用して電力使用状況を表示するプログラムになります。

$json = file_get_contents($base_url);
$json = mb_convert_encoding($json, 'UTF-8');
$json = json_decode($json, true);

echo $json['ElectricPowerUsage']['Date'] . '<br />';
echo $json['ElectricPowerUsage']['Usage']['$'] . 'Kw(電力使用量)<br />';
echo $json['ElectricPowerUsage']['Capacity']['$'] . 'Kw(最大供給量)<br />';

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です