Yahooの爆速JSONPを試してみた

WebAPIを利用するとなると、サーバー側にPHPを使いクライアント側にJavaScriptを使うなど使うまでの工程数が多いんですが、爆速JSONPを使うと簡単にWebAPIを利用できるということなので試してみました。

ただし使えるWebAPIはそれほど多くなく電力使用状況APIで爆速JSONPが使えるということなのでそれを使い作成。

爆速JSONPで電力使用状況APIを利用する

  • WebAPIの詳細ページ:電力使用状況API
  • 詳細:爆速JSONP
  • 使用時の注記:クレジット表記必要
  • 利用登録:必要(※クレジット表記は自動で表示されます)

電力使用状況API

パラメータを設定してレスポンスを得るために必要なことは、scriptに「data-p-電力使用状況のリクエストパラメータ」を付けて設定するだけなのですごく簡単です。

レスポンスの値を表示するには、{{レスポンスフィールド名}}を入力すると取得したデータを表示できます。

<script src="http://i.yimg.jp/images/yjdn/js/bakusoku-jsonp-v1.js"
  data-url="http://setsuden.yahooapis.jp/v1/Setsuden/latestPowerUsage"
  data-p-appid="アプリケーションID"
  data-p-filter="areaName"
  data-p-output="json"
  data-p-area="tokyo"
>
地域:{{ElectricPowerUsage.Area}}<br />
時間:{{ElectricPowerUsage.Date}} {{ElectricPowerUsage.Hour}}時の状況<br />
現在の電力消費量:{{ElectricPowerUsage.Usage.$}}kW<br />
現在の電力供給量:{{ElectricPowerUsage.Capacity.$}}kW
</script>

コードを{{#ElectricPowerUsage}}~{{/ElectricPowerUsage}}と書いた間には、下のように短くコードを書くこともできます。

{{#ElectricPowerUsage}}
地域:{{Area}}<br />{{Ja}}
時間:{{Date}} {{Hour}}時の状況<br />
現在の電力消費量:{{Usage.$}}kW<br />
現在の電力供給量:{{Capacity.$}}kW
{{/ElectricPowerUsage}}

実際に試してみるとすごく簡単にWebAPIが利用できるので、この仕組みを他のAPIに広げてくれると嬉しいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です