【Windows8】ファイル拡張子の表示方法+関連付けの変更方法

Windows8(8.1preview)の初期状態で拡張子は表示されていませんが、色々形式のファイルを扱うときに拡張子が表示されていたほうが何かといいので、その拡張子の表示方法について。

拡張子の表示設定

ファイルの拡張子を表示するには、メニューにある「表示」をクリックして表示される「表示/非表示」にある「ファイル名拡張子」にチェックを入れると拡張子が表示されます。

filename-extension1

登録している拡張子を非表示にする方法

登録している拡張子を非表示にしたい場合は、メニューにある「表示」の「オプション」をクリックすると「フォルダーオプション」が表示され「表示」タブを選択して、「登録されている拡張子は表示しない」にチェックを入れると非表示になります。

filename-extension2

拡張子を変更する方法

「.php」という拡張子であるところを「.php.txt」になっているなど拡張子が違うことがあります。そのようなときはファイルの拡張子を表示させてファイルを右クリックして「名前を変更」を選択し「.txt」を削除することで拡張子を変更することができます。

拡張子と関連付けするアプリケーション

通常、拡張子に対して使用(利用)するアプリケーションは関連付けられています。その拡張子に関連付けられたアプリケーションを変更するには、ファイルを右クリックして「プログラムから開く」から「既定のプログラムの選択(C)…」をクリックします。

filename-extension4

開いた「このファイルを開く方法を選んでください。」のところで、使用するアプリケーションをクリックして選択すると拡張子で使うアプリケーションを変更することができます。

filename-extension6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です