Google+1ボタンのタグ属性の設定について

Google+1ボタンページで取得したコードに属性を追加したり値を変更することで、ボタンのサイズや表示を変更することができます。

デフォルトのコードは、現在下のコードになります(この他にJavascriptが続きます)。

<div class="g-plusone" data-annotation="inline" data-width="300"></div>

タグの属性については、取得するコードに「class=”g-plusone”」とある場合HTML5対応のコードなので、属性名の前に「data-」を追加して記述します。

タグの属性を変更したり、追加する場合、Google+1ページの「+1 タグ属性」項目に設定できる属性が書いてあります。

例えば、ボタンのサイズを変更したいときは、「data-size=”large”」などのように値を変更します。

ちなみにサイズを変更したときに、data-widthの値によっては、横幅が足りなくてユーザー数が表示されないこともあるのでdata-sizeを変更したときは、場合によりdata-widhtの値も設定しなおします。また、「+1情報」の設定を変えた時は、値を変更したり属性ごと削除します。

<div class="g-plusone" data-size="large" data-width="150">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です