手動でインストール

レンタルサーバーに手動でWordPressをインストールをするには以下のような流れになります。

手動インストールの大まかな流れ

1.WordPressファイルのダウンロードと解凍
2.データベース(MySQL)の作成
3.wp-config.phpファイルの設定
4.WordPressファイルのアップロード
5.WordPressのインストールページにアクセスして設定

手動インストール方法

1.WordPress日本語をダウンロードと解凍

WordPress | 日本語サイトからWordPressの日本語バージョンのファイルをダウンロードして圧縮ファイルを解凍します。

2.データベース作成

レンタルサーバー会社により違いますが、「データベース新規作成」項目があるので、そこで新規作成します。またphpMyAdminを使用して作成します。

【phpMyAdmin】
install-a1

ここで作成したデータベース情報は、次に必要になるのでメモします。

3.wp-config-sample.phpの作成

解凍したWordPressの中にwp-config-sample.phpファイルがあるので開き、データベース名、データベースユーザ名、データベースパスワード、ホスト名を入力します。

【設定例】
define(‘DB_NAME’, ‘データベース名’);
define(‘DB_USER’, ‘データベースユーザー名’);
define(‘DB_PASSWORD’, ‘データベースパスワード’);
define(‘DB_HOST’, ‘ホスト名’);
install-a2

設定をした後、wp-confing-sample.phpファイルをwp-config.phpに名前を変更して、同じフォルダ(ディレクトリ)の場所に保存します。

4.WordPressファイルをアップロード

WordPressの全てのファイルをレンタルサーバーにアップロードします。

5.WorPressのインストールページにアクセスして設定

インストールをするために、http://ドメイン(/インストールしたフォルダ)/wp-admin/install.phpにアクセスするとインストールするために設定ページが表示されます。

必要情報にあるすべてのテキスト欄に入力して「WordPressをインストール」をクリックします。

install-a3

install-a4

※wp-config.phpファイルがないと以下のような表示がされますが、名前の変更が正しくない場合がありますので確認をして下さい。
install-a

インストール後に、http://ドメイン(/インストールしたフォルダ)/wp-login.phpアクセスするとログインページが表示されますので、設定したユーザー名とパスワードを入力します。

install-a5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です