モスバーガー、ハンバーガーの肉を変えたのか

スポンサードリンク

家族の人がモスバーガーのハンバーガーを買ってきて、食べていいというので数年ぶり?いつ食べたのか定かでないぐらい久しぶりにモスのハンバーガーを食べました。

見た目もボリューム満点で、食べてみるとハンバーガーそのものの厚さもあり食べ応え充分でしたが、肉・・・パティというんでしょうか、「モスバーガーの肉はこんな感じだったかな」と。

ハンバーガーは、肉の周りのソースと玉ねぎ?など素材でボリュームを引き立てる、また味を仕上げる具材や調味料がありで美味しいんですけどね。

ただ、肉が・・・肉って感じがあまりしない。

販売戦略から商品の作りを買えたのでしょうか。それとも以前から商品の内容は同じで、私が気にしていなかっただけなのかもしれませんが、以前食べたマクドナルドのハンバーガーの方が、肉って感じがしたのを思い出して頭の中で比較してしまいました。

そこで気になったので調べてみると、モスバーガー、「マック値上げ」に逆張りという記事を発見。そこには牛肉100%使用と書いてあります。ということは、肉のうまみが活かされていないのか、それともソースが肉以上に引き立ってしまっているのか。

私の食べた感想は、肉のうまみが活かせていない印象です。

モスバーガーと言えば、他のチェーン店に比べてちょっと割高で高級というイメージなんですが、記事を読むと最近は戦略に変化がでているようで、大きい会社でも試行錯誤を繰り返しているんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です