英語学習サイト「iKnow」を約2年取り組んだ効果と文法学習の課題

スポンサードリンク

英語学習サイト「iKnow」を利用して英語を約2年間取り組んで(全くしていない期間もありつつも)それになり学習した成果として自己分析してみると以前に比べて単語力がつきました。ただ、費やした時間の割りに文法というか文章を読む力がついてないのも事実です。

現状の実力は、はっきり言って英語話せませんし文章もすらすらと読むことも出来ません。最近は、英語学習へのモチベーションが若干落ち気味になっています。

iknow-progress1
※上の画像は5月下旬の学習状況

サイトでは、英語をリスニングして単語(フレーズ)を入力、また文の内容から推測して穴埋めしていく学習をほぼ中心にしていたので、音声を聞いて発音するなど他の取り組みをしていたらもう少し単語力以外の英語の力がついたかもしれません。

このままiKnowだけ続けても英語を読んだり書いたりする力を身につけることを期待できないのではないかと以前から思っていましたが、考えていくうちに書いたり読んだりする力をつける学習方法をiKnowとは別に取り組む必要があると考えています。

実際に他の学習もしていたのですが、まだ実力に反映されず・・・それで、英語力向上のためにどのような学習が良いのか考え中です。

iKnowの良い部分

ただし、iKnowは続けるつもりです。その理由は、他の学習方法に比べて敷居が低く継続して学習できる点と、継続して取り組んで気がつくと単語力がついていくところが私にはあっているので暫くは続けます。

iKnowを利用していて学習するときの敷居の低さはすごく大切だと思っていまして、敷居が低いことで楽に英語学習に取り組むことができ、それが継続することにつながり、結果として知識が向上したのも事実なので。

英語学習サイト「iKnow」を約2年取り組んだ効果と文法学習の課題」への2件のフィードバック

  1. j

    始めまして。iknowで検索してここにたどり着きました。
    現段階で英単語力はどのくらいになりましたでしょうか?weblioなどの語数で良いので教えていただけるとありがたいです!

    返信
    1. tama 投稿作成者

      現在英語の学習というか取り組みは、ほぼ聴くだけになっていますのでかなり英単語力は落ちています。
      Weblioというのは、そのサイトにある単語テストのことですかね?
      Weblioは、iKnowと違い熟語の数もかなり扱っているようなのでレベルを知るのに良さそうだと思いますけど利用していないのでわかりません。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です