メモリ翻訳ソフトOmegaTインストールの方法

スポンサードリンク

メモリ翻訳ソフトを使用するので、オープンソフトのOmegaTを使用することにしましたので、WindowsにOmegaTをインストール方法した手順をさらっと書きます。

最初にOmegaTのダウンロードします。
※OmegaTを使うにはJava(JRE)が必要になりますので無い場合は、インストールします。

ダウンロードしたファイルをクリックして実行をクリックします。
OmegaT0_1

日本語を選択して「OK」ボタンを押します。
OmegaT1

「セットアップウィザード」ウインドウでは、「次へ」をクリックします。
OmegaT2

「ユーザーインターフェース言語」では、チェックをして「次へ」をクリックします。
OmegaT3

「同意する」にチェックをして「次へ」をクリックします。
OmegaT4

「インストール先を指定」では、デフォルトのまま「次へ」を押します。
OmegaT5

「プログラムグループの指定」もデフォルトのまま、「次へ」を押します。
OmegaT6

「追加タスクの選択」では、チェック有り無し好みで選択をして「次へ」を押します。
OmegaT7

「インストール準備完了」で、設定がよければインストールをクリックします。
OmegaT8

インストールが始まります。
OmegaT9

インストール完了です。
OmegaT10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です