同じ題材で同じような記事を書いるのを発見

前回の記事で、「Search box on Navigation Menu」プラグインについて触れたときに、以前の記事を検索をしてみると同じ題材の記事が2つありまして、「あれっ」と思い確認してみると中身の文章は違いますが、プラグインを2度紹介していることが判明しました。

記事の内容も、それぞれ違う角度から書いていたり、また紹介していないことを書いているのなら話は別で記事にも価値があると思いますけれど、全くそのような内容になっていなく、2つともただプラグインの紹介をする内容の記事なっていました。

大失態です。
自分では、投稿する記事またこれから書く記事の内容が、同じ題材や内容にならないように把握していたつもりでしたけれど、チェック漏れがあったということで。

思い返すと、一旦記事を書いた後、このプラグインをいつ紹介しようかなと考えながら、一旦下書きにして保留をしたのち、また同じ記事を書いて公開をして、保留の記事も内容を見て公開して良いなと思って公開していたという感じなのではないと推測しています。

同じ題材、同じ内容の記事を書かないためにすること

今回のことを教訓として、同じ題材で同じ内容の記事を書く失敗を繰り返さないために、WordPressに投稿検索という機能があるので、書く前と公開前にチェックをする用心がけたいです。

しかし、投稿検索でかぶりがないかどうかの記事のチェックは、それなりにしていたので記事をある程度書いていると稀にこういうこともあるかなと。人間ですからこれからも失敗もあると思います。

これにめげずに、前に進めで!記事をどんどん書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です