当たり前、分りきっていることを書く

技術系のブログの場合、そもそも需要が少ないので、その少ないユーザーに対してサイトを知ってもらう、また利用してもらうには、敷居を低くすることが重要だと思っています。特に時系列型のブログサイトではそう思います。

記事に書く内容の基準として、他の人から見たら当たり前、自分にとっても当たり前と意識すらしないようなことでも、実はすごく重要だったりする可能性もあるので、書ける時や気が付いたときはなるべく書くようにしています。

内容によっては、「そんなこと分りきっているでしょ」って的な内容や、余りに細部の小ネタすぎて書いていいものか考えるときもありますが、「これは書いてどうなの」と思うことでも書こうと思って覚えているときや書けるときは書きます。

そのような記事を書いてもアクセスへの影響は大きくないのですが、ごく稀にジャブ程度のアクセスを得ることがあり、必要としているユーザーが要るということを実感できると書いてよかったと思います。

「塵も積もれば山となる」のかはわかりませんが、そのような当たり前と勝手に思う記事や書くまでもないと思う内容でもブログの足腰を鍛える、また土台になる可能性もあるので軽視できないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です