過去に書いたブログ記事の考えを気にしないことで得る利点

記事を書いていると、過去に書いた記事と違う場合があります。
言いたいことが全く違う場合もあれば、多少変化してる場合などあります。

過去記事を気にしない利点

今考えていることを自由に書ける 

書いたあとで、以前に書いた記事に似たようなものがあり、今回の記事と書いていることが違うなと気づくときもあるかもしれませんが、多少の違いはあまり気にする必要はありません。

また過去記事の内容を把握している場合、仮に今回書きたいことと違う場合、整合性を取ろうとして記事に書きたいことを書けない場合がありますので、過去記事にとらわれる必要はありません。

ここで言いたいのは、過去記事のことで一時的に立ち止まるだけならいいのですが、ずっと立ち止まってしまい前に全く進めなくなることです。

発想を広げて、また柔軟に書ける

過去に書いたブログ記事に縛られて、発想の転換や広がりができないこと、書くのが進まないこともあります。その縛りをはずすことも時には大事です。

人間、日々変化します。
良い意味でも悪い意味でも。
肉体的にも、精神的にも。

体調が良いときもあれば悪いときもあり、冴えているときもあれば冴えないときもあり、 知識が増える場合もあれば減っていく(忘れていく)場合もあるわけで、過去記事の考えと今が違う(ズレや変化する)こともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です