サイトのテーマを広げつつ絞りつつ修正する理由

サイトでは主にWordPressについて書いていますが、さらに他の親和性の高い事柄の記事も増やしていこうと考えています。

そのように考えた理由は、このサイトを核ににしていこうと決めたので長めで見たときに別のサイトで分散して色々作成するより効率がいいからです。それに自分が将来的にやりたいことに通じますし。

サイトを修正する理由

サイトは、やっぱり読んでもらってなんぼです。極論ですけど、目的がない「ただの日記」は、非公開ブログか手書きのメモで充分だと思います。

全くアクセスがないサイトというのは、寂しいものです。せっかく公開しているのですから、それなりに読んでもらえる記事を書くことでブログを続けるモチベーションの維持にもつながります。

テーマをある程度絞る理由

1.書くテーマをある程度絞った方が、書くまでの意識が絞れる
何を書こうかなという漠然とした意識では、かなり無駄な時間を消費してしまいます。集中することで無駄な時間消費を防ぐことができます。

2.テーマを絞ることでその中での視野が広がる
実際に書いていくとわかるのですが、あるテーマについて書いていくうちにネタがなくなります。で、あれこれ考えていくうちに、違う切り口や見方、また表現のしかたがあることに気が付き、狭い視野を広げることができます。

テーマをある程度広げる理由

1.テーマを広げることで心にゆとりができる。視野が広がる
テーマを1つに絞る場合、書くテーマが定まっているのでそのことのみ考えればいいのですが、人によりますが私自身飽きてきます。また絞りすぎると書くネタを考えるのに時間を要してしまい疲れます。

2.効率がいい
サイトである括りの中でしか記事を書けないとなると、別途サイトを用意しないといけなくなり面倒で効率が悪いです。親和性の高い内容なら同じサイトで書くほうが効率もいいです。

3.やりたいことがやれる
これは、他に書きたいやりたいことがあったのですが、WordPresネタ以外を書くのが心理的に書きづらい面がありましたけれど、それを取っ払うことで書きたいことが書けるようになるという個人的な想いです。

逆に、広げすぎるとただの日記に近くなり、何でも書ける罠もありますし、読者の意識も散漫になる可能性も否定は出来ません(かなり更新頻度が高ければ違うと思いますが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です