「宛名職人2007」の住所録データから「はがきデザインキット」用データにする

「宛名職人2007」のCSV形式の住所録データを「はがきデザインキット」で使えるようしたいと思いましたので、その方法について書きます。

*使用した住所録データ:「宛名職人2007」より

CSVデータを加工して「はがきデザインキット」で使えるようにする

私の場合、オープンオフィスという無料の表計算ソフトを使いCSV形式で保存したデータを扱いましたので、それを書きます。

CSVデータを開こうとすると「テキストのインポート」画面が表示されますので、「区切りのオプション」の所で簡単な設定をして、「はがきデザインキット」ソフトで読み込めるようにします。

「区切りのオプション」で「区切る」を選び、「コンマ」と「その他」を選択、「その他」には、「 /」を入力しすることで分けて表示させます。
hagaki1
*「宛名職人2007」でCSVデータ
氏と名:「 」全角スペースで一緒に表示されている
連名:「/」で区切られて表示されている

あとは、開いたデータを加工・移動して(コピー&ペーストなど)で形を整える必要がありますが、それが若干時間を要します。

ここからは、データが人により違うので参考として読んでください。
●まず、したこと1
・開いたデータは、なぜかA列が空欄でしたので列ごと削除。
・住所が一部分かれていたので住所を一緒にデータにした。
・連名が2名以上あるものと、会社をとりあえず一番下に移動する。

●データで考慮すること
・個人宛て年賀はがきの中に、若干会社もあり。
・連名が2名になっているものが若干あり。
・住所が都道府県・市町村・番地・建物と一緒のデータになっている

●したこと2
・連名2を作るために列を追加し、連名のデータをコピー&ペーストで調整。
・住所を分けるために、会社データが上書きされないように移動。
・住所は、都道府県、市町村、番地、建物ごとにスペースを入れ、「データ」の「テキストから列へ」で、上記の画像と同じ画面を開き、「区切る」を「スペース」にして分解しました。
・最後に、上記の表に合うようにコピー&ペーストで若干調整。

ここでは、はがきデザインキットへのデータの移行について書きましたけど、EXCELなど表計算ソフトで扱えるCSV形式のデータにしたことで、CSVに対応しているなら他のハガキ作成ソフトでも調整が必要だと思いますが使えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です