書いた記事を見直し修正することも必要

このサイトの過去の記事を読むと、物凄く雑な記事が多くあります。

書いたときには、丁寧に書いたつもりでしたけれど全く丁寧ではない記事が多いこと多いこと。自分で読んでみて、この雑な記事はなんだろうなとビックリすることも多々あります。

このように過去に書いた記事を読み直すと雑な記事に出くわすことがあると思います。また、雑な記事以外にも修正や内容の追加をしないといけないなと思う記事もあります。

ただ、私自身、記事の数が多くなり全てを読み直すことはないのですが、何かの機会により過去の記事に目を通す機会があるとき、文章や画像などを追加・修正することもいくつかの記事であります。

その結果、文章の量が増えたり、記事の内容がわかりやすくなったりするためか、以前に比べて読まれて滞在時間も増えて記事の質もアップしている気がします。

直す・修正する必要がある記事とは

過去の記事の修正に時間をかけるのが面倒なので、どうしても後回しになりそのままになってしまうことが多いのですが、過去記事を読み直す機会があるときに記事の修正、加筆などの手直しをしたらいい記事についてポイントをまとめてみました。

  • 記事の内容が自分でも理解しづらい(説明不足)
  • 内容が古すぎて今と違う(仕様の変更などで現在は使えない内容)
  • 画像やイラストなど理解を助けるものがない

画像やイラストの追加に関しては、記事の内容によりますけれど、全体としてまとめると、わかりやすさが記事を修正するポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です