サイドバーのウィジェット表示をカテゴリー別また投稿などで変更できるプラグイン「Custom widgets」

「Custom widgets」プラグインは、カテゴリーや投稿、固定ページ、タグ別などウィジェットの表示をカスタマイズできます。

私の印象ですと、同じようなプラグインに「Display widgets」もありますが、細かな設定は「Custom widget」の方ができますが、使いやすさは「Display widget」かなと思います。

インストール

1.「Custom widgets」をプラグイン検索で表示されます。
2.インストール後に有効化します。

設定・使用方法

インストール後に有効化すると、ダッシュボードの左サイドバーに追加されます。
Customwidgets

追加された「TS Custom widgets」をクリックすると下のページが表示されます。

表示項目は、自身のWordPressサイトにあるウィジェットに対応して、「Not registered」「メインサイドバー」「フロントページウィジェットエリア1」「フロントウィジェットエリア2」と表示されます。

それぞれに表示されている項目は、実際に配置されているウィジェットになります。ここでは、「メインサイドバー」に「最近の投稿」「カテゴリー」が配置されている例です。

Customwidgets2

実際にウィジェットの「メインサイドバー」には、「最近の投稿」「カテゴリー」が表示されています。

Customwidgets3

さらに設定ページの下に拡張機能があります。ここでは、特定のテンプレートで表示選択することできます。

仮に「Show widget on all Categories」にチェックを入れると「最近の投稿」は、カテゴリーだけで表示されます。
Customwidgets5

「Custom widgets」ページにある「メインサイドバー」下の「最近の投稿」をクリックすると「Custom widgets ≫ 最近の投稿」に移動します。

ここで、peges( Edit )のEditをクリックすると「Custom widgets ≫ 最近の投稿 ≫ pages」設定ページに移動します。

Customwidgets4

「Custom widgets ≫ 最近の投稿 ≫ pages」設定ページで、右にあるPage titleにチェックを入れて、その下にある「Add selected pages」ボタンを押すと左にある「Show in Pages」に追加されます。

また「Show in Pages」に追加されたページを削除するには、追加されたページリンクをクリックすると削除するかポップアップ表示されるのでOKを選択することで削除できます。

因みに「Custom widgets ≫ 最近の投稿 ≫ pages」のリンクをクリックして戻れます。

Customwidgets6

この例の場合は、「最近の投稿」ウィジェットの表示は、カテゴリーページのときの表示され、また固定ページのサイトマップとお問い合わせページを表示するときに表示されるようになります。

最後に設定を全てもとに戻したいときは、「Custom widgets」ページ下の「Reset all widgets」ボタンで出来ます。
Customwidgets7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です