テーブル作成できるプラグイン「WP-Table Reloaded」の使い方

私が、テーブル作成プラグインをいくつか使用した中で、直感的に使いやすいと感じた「WP-Table Reloaded」プラグインの使い方について。

WP-Table Reloadedのテーブル作成の流れ

インストール後に有効化すると、ダッシュボードのツールに追加されますので、「WP-Table Reloaded」をクリックしてテーブル作成ページに移動します。

テーブルを作成するには、「新しいテーブルを追加する」をクリックします。

テーブル名、説明、行の数、列の数を入力して「テーブルを追加する」ボタンをクリックします。設定した項目は値は後で変更できます。

テーブルを追加するとテーブル作成するページに移行して、それぞれの項目を必要に応じて設定していきます。設定後は保存をします。

「テーブル インフォメーション」でテーブル名や説明を設定・変更できます。

「テーブルの内容」の所で、必要なデータを入力していきます。

「データ操作」では、行や列などのテーブル操作をしていきます。

「テーブル スタイルオプション」で必要なものにチェックなどを入れ設定します。

「DataTables JavaScript 機能の詳細」で、検索できるようにしたり、並び替えなどの設定が出来ます。

 テーブルの利用と表示

投稿記事でテーブルを表示するには、ビジュアルエディターに追加されたボタンをクリックまたHTMLでは「テーブル」ボタンをクリックします。

「テーブルのリスト」で使用するテーブルを「挿入する」をクリックして挿入します。

作成したテーブルのサンプルは、以下のような表示になります。

テーブル作成できるプラグイン「WP-Table Reloaded」の使い方」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「WP-Table Reloaded」ワードプレスの記事内へ直感的にテーブルが作れるプラグイン | wordpress | 中小企業WEB担当の備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です