WordPressのバージョン情報を非表示にするプラグイン

WordPressのあるバージョンのセキュリティーホールを突かれる場合を想定してバージョンを非表示にすると安全性が高まります。

正直、普通に使用していたら気にすることないんじゃないのかなと。セキュリティ系のプラグインを眺めながら、一応そういう機能が付属しているプラグインがあるようなので紹介します。

バージョンを非表示にするプラグイン
ここで取上げる以外にもいくつか非表示にするプラグインがあります。

Secure WordPress
日本語表示で1番わかりやすいのが、「WordPress Security」です。
WordPress バージョンのチェックボックスにチェックを入れるだけです。

確かめていないので間違っているかもしれませんが、下の2つのプラグインも同じような機能があるようです。

WebsiteDefender WordPress Security
インストール後の初期状態で非表示になるようです。

Wordfence Security
オプション設定でWordPressのバージョンを非表示にできます。
インストール後の初期設定で非表示になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です