郵政3社大型株の上場と新興市場の下落

今日の日経平均の伸びに比べて新興市場は、冴えなかった。

東証2部も小幅ながら下落している中、日経平均だけ値上がりしているところを見ると東証1部に資金や視線が注がれたんじゃないかと想像してしまいます。


データ参照元:トレーダーズ・ウェブ

新興と郵政それぞれの値動き

JASDAQ平均
jasdaq平均

マザーズ指数

東証2部指数

日本郵政

かんぽ生命

ゆうちょ銀行

データ参照元:SBI証券

投資手法の1つとして活かせないか

今回の郵政3社の上場のように大型の株が上場することによって、他の銘柄が下落すると断言できるわけではないのですが、わずかながらでも影響はあったのではないかと推測しています。

そこで、このような大型の株の上場があるとき、決算など業績が悪くないのに下がる銘柄を購入するテクニカルな手法として有りなのかと思った次第です。

しかし、今後この手法を試したくても郵政3社のような規模の大きい会社の上場はほぼないはずなので、継続的に使えない手法といった感じです。

ただし、よく考えると他の銘柄が他の銘柄に影響を与えるといった点では、何か投資のヒントを含んでいるはずです。そのように考えると記憶にとどめておきたい現象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です