テーマを見ながらデザイン編集ができるCSSエディタプラグイン「WP Live CSS Editor」

子テーマ作成の記事を書いているので、それに関連していいなと思ったプラグインを見つけたので紹介します。

デフォルトテーマなど表示されるデザインを変更したいとき、画面を見ながら編集できるCSS編集用のプラグイン「WP Live CSS Editor」がありまして、すごく良いプラグインなんですが、若干気になる部分があるので使い方と一緒に書いておきます。

【注意事項】

※プラグインを使う前にテーマファイルのバックアップを推奨します。

※私が使用した環境において、編集したstyle.cssファイルに親サイトなどをインポートしている場合、インポートしているurl欄に「¥」コードが入り、表示がおかしくなりました。挿入された「¥」を削除すると直ります。

【使い方】

「WP Live CSS Editor」は、プラグインページよりダウンロード出来ます。
インストールして有効化すると、サイト表示画面の右側に黒いボタンがあるので、それをクリックします。

クリックした後、「WP Live CSS Editor」プラグインの編集エディタを開くと、右側にCSS編集領域が表示され直接編集することが出来ます。

試しに、CSSのタイトルの要素にプロパティを追加してみた所、リアルタイムで反映されました。

保存する場合、黒くて見づらいのですが、上の左側に「Save」ボタンがあるのでクリックすると、編集した内容で保存することができます。

参考記事:利用中のテーマやプラグインのCSS編集と保存がその場で出来るWordPressプラグイン・WP Live CSS Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です