臭い玉を出す方法を実践してみた

スポンサードリンク

臭い玉を知らない人もいると思いますが、白っぽい小粒の玉のようなもので口の奥(のど)から出てくるものがあります。また、においを嗅ぐと臭いにおいがします。

私もいつからか歯磨きをして口をすすいでいると、口の中に何か物がある感触があり、それが何かと確かめると臭い玉だったという感じで、数か月に1回程度で臭い玉が出ていたのですが、ここ数か月全く出た感触がありませんでした。

気が付かないだけで、勝手にとれていたのかもしれないと思いつつ、歯を磨いたあとも口ごもりながら息を吐くと口から臭いがしているような気がしていたので、もしかして臭い玉のせいで臭いを感じているのではないかと思い、臭い玉を出す方法を試してみました。

臭い玉を出す方法

  • 綿棒を使用
  • うがいをする

臭い玉を出す・取り出す方法はいくつかあるようですが、2つ試してみました。

綿棒を使用

綿棒を使用してとることができるらしく、私も挑戦してみました。鏡をみながら臭い玉があると思われる場所を確認しようとしたのですが確認できませんでした。

私の感想ですが、綿棒を使う方法は、一人でやる場合難易度が高いと思います。

うがいをする方法

この方法で、臭い玉を出すことができました。やり方は以下の方法です。

口に水を含んで、うがいをするような感じで上を向いて「オーハーオーハ―」と声を出すような動きを何回かします。

この方法を試してみたところ、口の中にある水に何かがある感触があったので確認してみると、なんと2つも臭い玉が出てきました。

2つも出てきたことがないのでビックリしつつ、そのあと口ごもりながら息を吐いてみると、それ以前にあった口臭があるような感覚がなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です