ドコモdatalinkがWindows8.1にやっと対応した

Windows8.1が出てから約1年位たちましたけれど、ドコモdatalinkがいつまでたっても対応せず、もう対応しないんじゃないかと半ばあきらめていたんですが、確認してみるとやっとWindows.8.1に対応していました。

ダウンロードサイト:ドコモdatalink

早速インストールをして、そのまま起動すると無事起動されるのを確認して一旦終了。そのあともう一度起動しようとすると「互換性の問題でエラー」になってしまいました。

この現象は、以前インストールして互換設定を試したときの影響なのではないかと思い、実際に互換設定をし直したところ起動できるようになったので、その方法を書きます。

ドコモdatalinkの起動時の互換性への対処

メニューにある「ドコモdatalink」を右クリックして「互換性のトラブルシューティング」をクリックするとツールが起動するので、「推奨設定を使用する」をクリックします。

「プログラムの互換性設定をテストします」の下にある「プログラムのテスト…」をクリックすると問題がなければドコモdatalinkが起動するので、下にある「次へ」を押して次に進みます。

問題が解決した場合、「はい、このプログラムのこの設定を保存します」をクリックして終了します。これで、次回以降は、メニューにあるドコモdatalinkをクリックして起動することができるようになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です